リースナブルって?

カーリースサービスのリースナブルについて投稿していきます。


月2万で新車ヴェルファイアなど高級ミニバンに乗れる!
リースナブル

リースナブル 新車

リースナブルは驚くほどお手頃な価格で

新車に乗れちゃうカーリースサービスを

全国で展開しています。

 

トヨタの高級ミニバンのアルファード

ベルファイヤに月々の支払金額2万円~乗れて

しまうので、若者を中心に口コミで

人気が出て来ているようですね!

 

最近の車は、価格が高くなり過ぎた感があるので、

車を購入するより、リースで乗るって選択が

一般的になりつつあるみたいですね~

 

 

 

 

リースナブル 審査

カーリースのリースナブルで車を契約する際に

審査があります。

 

この審査基準について、気になったので、

色々と調べてみました。

 

しかし、公式サイトや口コミサイトを見ても

具体的な回答を得ることが出来ませんでした。

 

公式サイトにも審査基準は公開されていない状態でした。

 

口コミサイトでは、

 

特別リースナブルの審査が厳しかったなどと言ったことが

コメントとして書かれていなかったので、一般的な

審査基準が適用されていると思われます。

ですので、極端に年収が低い、過去に破産歴があるなどと

言った特別な事が無い限り、審査に落ちることはないと

思います。

 

 

 

 

リースナブル アルファード

リースナブルではトヨタの人気ミニバンの

アルファードに月々2万円~乗れちゃうのが

魅力的なんですよね。

 

選べるグレードはベーシックグレードのXと

エアロを身にまとったSの2種となっています。

 

エアロボディのSの方が価格的に少し高めの

設定になっているのですが、迫力のある専用の

フロントフェイスが人気のようです!

 

また、アルファード、ベルファイヤ共に

ハイブリッドの選択肢もあるので、

余裕の走りを楽しみたいと思ったら、

ハイブリッドが良いと思います。

 

普通に買うと手が出せないハイブリッドでも

カーリースでなら何とかなるかもですね!

リースナブル 走行距離

カーリースのリースナブルでは、

車の契約時に、月間、年間で走ることのできる

走行距離について制限が設けられます。

 

一般車の契約だと、月間750㎞、年間9000㎞、

5年間で45,000㎞の走行距離になります。

 

また、この走行距離を超過した場合は、

1㎞につき15円の追加金を契約満了時に

払う形となるそうです。

 

超過した際の取り決めも、きちんと決まっているので、

万が一、超過した際も安心ですね。

 

 

リースナブル ハリアー

リースナブルの車種ラインナップの中には、

トヨタの人気SUVハリアー

ラインナップされています。

 

現在、選べるグレードはELEGANCEと

PREMIUMの2種のみとなっており、

一番上のPROGRESSは選べないようですね。

 

でも、リースナブルでは車種、グレードを

増やしていくそうなので、今後ラインアップに

加わるかもしれませんね。

 

リースナブルでハリアーを検討している方は、

こまめにチェックしておくのをおススメします!

 

 

リースナブル デメリット

リースナブルで車の契約を結ぶ際に、

様々な取り決めがありますが、

その中の一つに、走行距離の制限があります。

 

多くの利用者が、この走行距離の制限を

デメリットと感じているようです。

 

走行距離の制限は、カーリースの仕組みとして、

契約した年数の終了時に、車の残価を残すために

必要なことなんです。

 

この走行距離の制限については、超過した際に

1㎞につき15円の追加金を支払えば大丈夫なので、

車の走行距離がオーバーしそうな方でも、安心して

契約することが出来ます。

 

こういった取り決めがあるので、超過した際に

支払う金額が確定するのは、安心ですよね!

 

 

リースナブル 走行距離

リースナブルでは、車を契約する際に、

一般車で月間750㎞、5年間で45,000㎞の

走行距離の制限が入ると思います。

 

これは、リースの仕組み上仕方のないこと

なんですよね~

 

契約終了後の残価を設定しなければならないので、

こうした制限が入るのです。

 

大手ディーラーでやっている残価設定型

プランと同じような仕組みなんです。

 

この距離を超過した場合は、契約終了後に

追加金が発生します。

 

追加金としては、1㎞超過するごとに15円の追加金が

発生するそうで、仮に1,000㎞超過の場合は、15,000の追加金になります。